ソフトコンタクトレンズの薄いゆえのデメリット

ソフトコンタクトレンズは、兎に角、つけ心地がいいから、ずっと装着したままで、その罪悪感もどんどん薄れて行ってしまうかもしれません。コンタクトレンズはやっぱり異物という考えはいつも持つ必要があり、目と同化出来たというモチベーションは正しくはないのではないでしょうか。

ソフトコンタクトレンズも技術改良されて昔よりも、酸素透過率を意識したものも登場して来ていますが、やっぱり、酸素透過率をより意識すれば、ソフトコンタクトレンズよりハードコンタクトレンズという人たちは未だ多くいます。

ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズと比較をして、酸素透過率が悪いから目が乾燥傾向にあり、この問題も決して無視は出来ません。更に、ソフトコンタクトレンズの場合、薄いことが、メリットであり、デメリットなのです。薄いから、物理的に視力矯正力がハードコンタクトレンズより劣ると言われています。もちろん、コンタクトレンズの目的は、はっきりと見えることです。乱視の方がソフトコンタクトレンズを使用して、充分視力を期待出来ない場合もあります。 そのような人たちがやっぱりするべきコンタクトレンズは、ハードタイプのコンタクトレンズなのです。