目の異常になかなか気づけないデメリット

ただしソフトコンタクトレンズはNGという意見もあります。ソフトコンタクトレンズはなかなか目に異常があっても気付きにくいと言います。ハードの場合、目に異常があった場合、痛みとしてストレートに感知することが出来ますがソフトコンタクトレンズの場合はそうではなく、痛くないからいつでも目には異常なしという判断をしてしまうことになります。

ソフトコンタクトを装着している人たちも、いずれは目の異常に気付くことになるのでしょうけど、このタイミングの差は大きいのではないでしょうか。そのような考えなら、ハードコンタクトレンズのすぐに痛くなる素材もそれ程デメリットではないということになります。

まだまだハードコンタクトレンズよりも、ソフトの場合酸素の通気性が悪いという人たちがいます。ソフトコンタクトレンズは、未だ、目にピッタリと貼り付く素材であり、いろいろ企業が努力をして新しいものを開発しているものの、目にはハードコンタクトレンズと比較して、酸素が届きにくいと言われています。ソフトコンタクトレンズは、事実、レンズと目の間にゴミが入りにくいから、痛い体験をしなくて済みます。しかし、同時に酸素もシャットアウトしてしまっているのです。