ソフトコンタクトレンズのメリットとデメリット

ソフトコンタクトレンズのメリット

ソフトコンタクトレンズのメリット ソフトコンタクトレンズには、どのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるか同時に追求してみましょう。実際に、どのような人たちにハードコンタクトレンズが向いているのか、そしてソフトが向いているかについて判らないという人たちは、未だ多くいます。まずはソフトコンタクトレンズをクローズアップします。

ソフトコンタクトレンズのメリットは、ハードコンタクトレンズと比較して、装着したときに、違和感が比較的少ないことです。コンタクトレンズとは、そもそも異物を目の中に入れるものなので、出来るだけ装着時の不快感を回避したいという場合、ソフトコンタクトレンズの選択が正しいでしょう。

更に実際に、ハードコンタクトレンズを装着している人たちに聞けば、ちょっと激しい運動をしている時などレンズがすぐにズレてしまうことがあると言います。ちょっと、目に指が触れただけで、コンタクトレンズがズレて、すぐに鏡で元に戻す必要があります。それがなかなかどこへ行ったのか判らず難しいのです。ハードコンタクトレンズの場合、常にコンパクトな鏡を持って出歩くことも必要とされています。

ハードコンタクトレンズの場合は、更に風がちょっと吹いただけで、目の中にゴミが入ったりして、目がとても痛くなるという体験をすることになるでしょう。ハードをしている人たちは、結構目を赤く充血させている人たちも多いようですね。

一方でソフトコンタクトレンズには、使い捨てのレンズが多く販売されているので、お手入れをしなくていいというメリットがあります。ソフトコンタクトレンズは、現在ではより清潔に使うことが出来るため、ハードコンタクトよりも、目の病気にかかる率が少ないとも言われています。しかし、それでもソフトコンタクトレンズにもデメリットはあります。

今までは、酸素透過性が劣るため、角膜への負担が大きいと言われていました。しかし、このような問題は、段々とソフトコンタクトレンズにも優れたモノが登場して来て解消されつつあるものの、未だソフトコンタクトレンズの方が面積が大きいことの理由より、ハードコンタクトを推奨する医師もいるようです。

更にソフトコンタクトレンズは、装着が楽なので、そのまま装着していることを忘れてしまうかもしれません。 そして、ソフトは、ハードと比較して、ドライアイにもなりやすいと言われています。ソフトコンタクトレンズは使い捨てもあり、それは経済的にはかなり不経済な方法かもしれません。しかしそれを上回るメリットも存在しています。

最新のお知らせ

  • [2017年06月05日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年06月05日]
    運営者情報を追加しました。